読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凹凸を読んで思ったこと

凹凸を読んで思ったこと

書店に行ったところ、注目の本が並べられている棚にこの本が置かれていました。

正直、あまり気は進まなかったのですが、久しぶりにビジネス本以外に手を出してみようと思い、BookOffで安売りしている本ではなく、新品の本を買ってみました。

ちなみに著者はセクシー女優をやっている方で、以前「最低」という本を出版しているそうな。また、その作品が今度映画化のようです。

という情報を手にしていたので、どの程度の本なのか気になり、読んでみました。

正直な感想を書きます。感じることは人それぞれなので、鵜呑みにはしないでください。

凹凸

 

 


 

読みやすさ

まず、急に話が進み出し、誰視点の話なのかわかりづらい。

これは、自分が普段小説を読まないからなのかもしれない。

展開が転々と変わる。情景が浮かびにくく、浮かんだと思えば違う場面になっている。

これも、自分の想像力が足らないからなのかもしれない。

後半に行くにつれ幾分か読みやすくはなり、疾走感も生まれる。

単純に慣れてくるからなのかもしれない。

文章の区切りがわかりづらい。

これが要因で展開が2転3転しているように感じるのかも

内容

内容は、正直言って自分には合わなかった。

いや、ストーリーは良いのかも知れないが、読みづらくイメージしづらかった。

総評

繰り返し読むことで、読みづらい本でも情景が浮かぶようになるはず、

この本はその価値があるのかといわれたら、読み終わった人にしかわからない。

そこで、amazonのレビューを見てみて判断しました。

amazon評価 ⭐4.4

高い。表現があっているかわからないが、異様に高い。

レビュー内容を見てみるとほとんどがファンによるもの。

やはり私と同じように展開が掴みづらいという意見もあるが、繰り返し読むと少し評価が変わるらしい。また、女性には前作と同様、評判が良いようだ。

しかし、私は読み返さない。

なぜなら、「この本、もういらない」

からだ。

ただし、映画化されたら必ず見ます。

自分のイメージしていたものと同じか気になります。